包茎手術は怖くない|男性コンプレックス解消法

医薬品

不安を払拭する

医者

デリケートな陰茎を手術するので、男性にとっては不安でしかありません。いくら評判の良い病院でも、本当に成功するのか、痛みはないか等の疑問点は出てくるものです。こうした不安は包茎手術を先延ばしにする傾向にあるので、いくつか病院をまわりカウンセリングを受けることが重要です。質問で最も多いのは痛みに関してですが、近年は技術が向上しているのでほぼ痛みは感じません。ただこれはいくつもの包茎手術を経験してきた名医に限った話で、包茎手術の経験が浅い医師だと痛みを伴うことがあります。また、包茎手術にはいくつかの術式があるので、痛みを少しでも避けたい場合はそれに合った方法で治療ができます。問題は痛みの度合いです。痛みの少ない治療とはいえ、感じ方はそれぞれなので強く感じるケースもあります。実際にペニスの一部を切除するので無痛とはいかないでしょう。個人差と手術内容にもよりますが基本的に術後しばらくは痛みが残る事を知っておくべきです。

評判の良い包茎手術の専門病院では、切除をする時に麻酔を打つことがあります。この麻酔は神経細胞が集中する部分に打つので痛みが強く出ます。この麻酔は、やり方次第で無痛にすることが出来ますがこちらも医師の技術と経験に左右されるでしょう。評判の良い専門クリニックなら無痛で打つことができるかもしれません。そうじゃなければ点滴を使った麻酔や段階麻酔を使う他ありません。ただし、評判の病院でもこれらの麻酔はお金がかかるので予算を多めに見積る必要があります。